一人でやる会社設立・合同会社編

基本的に一人で合同会社を設立しようと考えている方もおられますよね。
そんなときに頼れる会社設立系サービスなどあるでしょうか?
たとえばあるサービスでは、定款のテンプレートを無料配布しています。
それだけでなく、この書類に記載すべき項目について、それぞれちょっとした解説もついており、このテンプレートと解説を見ながら作成を進めていくと、自分一人でやるとしても、合同会社の定款をうまく作成できるようになっています。

合同会社の場合、定款の認証は必要ないため、定款が終われば出資金を振り込み次第、すぐに登記の手続きに進めます。
これが終われば合同会社の設立も完了ですから、定款の作成をサポートしてくれるサービスは、手間をかなり省いてくれるでしょう。

あとは登記の手続きですが、このときに必要な書類などは、手続き先となる法務局で案内があります。
連絡すれば必要な書類を教えてもらえますし、それの作成方法は教えてもらえます。
ただし、普段はあまり作る機会のない書類を作ることになりますから、やりにくいと思う方も多いでしょう。

そんなときは、登記書類のテンプレートを配布している、あるサービスを使うといいです。
合同会社の登記で必要になる書類の一覧が、テンプレート付きで紹介されていますから、必要な書類をダウンロードし、必要な個所を埋めていくと、登記の書類が完成します。
あまり登記の手続きに自信がない場合、このようにして作った書類は、一度法務局で見てもらうといいでしょう。
不備がなければそのまま完成とすればいいですし、修正点があれば、それを修正して完成とできます。

このように合同会社での会社設立に必要な書類について、作成をサポートしてくれるサービスを使うと、一人で手続きをするのも非常に簡単になりますし、時間もかなり短縮できます。
定款や登記書類を完全に一人で作ってもいいのですが、最終的にできる会社の状態は変わりませんから、省ける手間はどんどん省くと効率的ですよ。
これらサービスはインターネットで検索すると見つかるため、一度検索してみるといいです。