自分で会社設立する方法

できれば自分で会社設立したいとき、その方法はどうなるでしょうか?
ざっくりご紹介すると、必要な書類を揃えて公証役場・法務局など指定の届出先へ提出するという内容になります。
必要な書類は自分でも作れるものですし、公証役場・法務局への提出も、もちろん自分でやれます。
つまりこれらをすべて自分でやれば、自分で会社設立できるわけですね。

ただ、この会社設立の方法をすべて自力だけでやると、手間取りやすくなります。
必要な書類を用意するとはいっても、ここでは定款という専門の書類が必要です。
これはその会社がどんな会社なのかわかるように、1枚の書類に情報をまとめたものです。
専門知識がない方にとっては見るだけでも難解な書類ですから、自分で作るのはもっと大変なものでもあります。

自分で会社設立するならこれも自分で作らないといけないのですが、ゼロから自分で作ると不備も出やすいため、起業をサポートしているサービスを活用することをおすすめします。
こちらでは定款のテンプレートを配布していますから、これを埋める形で作るとスムーズです。

このようにして定款を作れたら、あとは届出をします。
このとき、注意したいのは登記の手続きです。
不備なく定款を作れても、ここでは登記のために必要な添付書類を用意しないといけません。
これには印鑑証明書など、もらってくるだけの書類もあるのですが、登記申請書のように、自分で作成が必要な書類も多いです。

定款に比べると1枚あたりの作成難易度は低いですが、こちらも自分でゼロからすべて作ると間違えやすい書類です。
ただの添付書類の不備で登記がやり直しになるのも手間ですから、これら書類も作成サービスを使ってみましょう。
会社設立時の登記に必要な書類を自動で作れるサービスがありますから、これがおすすめです。
定款をすでに作っている場合、登記のときに必要な書類の記載事項はもう確定していることが多いですから、すぐに作成を開始できるでしょう。
サービスの案内に従い、回答を入力していくと、最後に登記関連の書類が完成します。
これらサポートサービスの利用が、自分で会社設立するときの方法としておすすめです。