自分で会社設立するメリット

急ぐときなど専門家に依頼して会社設立してもらう方法もあるわけですが、自分で手続きする方も少なくありません。
どちらでも最終的に会社ができるのは同じですが、自分でやるメリットはなんでしょうか?

大きなメリットは、費用を節約できることです。
専門家に頼むと、もちろん料金がかかります。
その代わりに電子定款を作れることが多く、その節約効果である程度は相殺できるのですが、それでも自分でやった方が安いこともあります。
少しでも費用を抑えたいときなど、自分で会社設立するのが大きなメリットになるでしょう。

専門家に手続きをすべて依頼すると、どれくらいの料金がかかるでしょうか?
これは専門家によっても値段が違うのですが、4〜6万円近くするのが相場です。
なお、会社設立にかかる基本費用は、依頼人の方でまた別に用意が必要です。
会社設立のための基本費用に、専門家への依頼料が加わるのだと思ってください。
そのような料金の追加の心配がないのが、自分で手続きしたときのメリットです。

なお、税金についての相談や、定款作りなど、部分的に専門家の力を借りることもありますよね。
そのようなときは、相談1回で5000円など、すべての手続きをお願いするときよりは、料金が少なくなります。
基本的に自分で手続きをするなら、専門家の手を借りたときの負担も軽くなりますよ。

このような費用面のメリットのほか、会社の成り立ちについて詳しく理解できるのもメリットです。
たとえば会社を作ったとき、定款を自分で作り、届出までやると、会社とは定款に書いた条件通りのものになるのだとよく理解できるでしょう。
これがすべて専門家に依頼して済ませると、定款と会社の関係について、やや理解が浅くなることも多いですね。

今後会社運営をしていくうえで、その成り立ちや仕組みについてよく理解していることは、基本的な対応を間違えないためにも大事なことです。
特に、部分的にわからないことを税理士や司法書士などに確認した場合、さらによく会社の仕組みや運営のフローなどがよくわかります。
これらは自分で会社設立したときの大きなメリットです。