自分でやる会社設立と司法書士

会社設立の手続きは自分でやるとしても、部分的にわからないことがあれば、専門家に相談したいですよね。
そんなときに頼れる専門家の一人が、司法書士になります。
司法書士は会社設立のサポートをしている主な専門家の一人です。
自分で手続きするのは難しい方など、専門家にすべて代行を依頼することも多いのですが、具体的に誰にお願いするのかと言ったら、司法書士になるわけです。
こちらではすべての会社設立手続きの代行を引き受けている方も多く、司法書士に頼めば、自分で何もしなくても起業ができます。

このように会社を作りたいときには非常に頼れる専門家ですが、自分で手続きをする方にとっては、何を頼れるのでしょうか?
それは、会社設立のための相談です。
手続きは自分でやるとしても、その手続きのために必要な書類作りなどに苦労することは多いでしょう。

特に多いのは、定款に関する相談です。
定款とは会社を作る際にどうしても必要になる、会社の重要事項をすべてまとめた書類になるのですが、そのような書類だけに、一般人が簡単にすぐ作れるものではありません。
もちろん自分でも作れるものですが、具体的に何を書けばいいのか、自分が希望している条件では、定款にどう記載すればいいのか、わからないことも多いでしょう。
そのようなときは、司法書士まで相談できます。
相談すれば、不備のない定款を作れますよ。

そして司法書士には、さらに定款が作れた後の登記に関する相談もできます。
司法書士とは一般的にいうと、登記の専門家になるからです。
法務局で何をすればいいのか、一緒に用意が必要な書類等は何なのか、司法書士まで相談すればすぐにわかります。

このように司法書士は会社設立の手続きをすべて代行できるだけに、相談できる内容も多いです。
ただし、特におすすめなのは、会社設立に強い司法書士です。
先にも少し触れましたが、この専門家は登記が専門になります。
会社の設立は登記が必要になる主な場面ですから、会社設立を専門にしている司法書士は多く見つかりますから、そちらの方まで相談した方が、対応できる内容も多いです。