自分で会社設立するための料金

自分で会社設立すると、料金はいくらかかるのでしょうか?
まずは基本となる料金ですが、株式会社なら24万2000円ほど、合同会社なら10万円ほどになります。
これらは会社設立のときに必要になる手数料のようなものです。

特に大きい割合を占めるのは、法務局での登録免許税。
会社を設立するには、最後に法務局で登記をしないといけません。
ここで登記をするときにかかるのが、登録免許税です。
これが株式会社の場合で最低15万円、合同会社の場合で最低6万円となります。
会社の種類で料金は変わりますが、どちらの場合も会社設立費用の大半を占める金額になります。

これ以外に必要なのは、定款に貼る収入印紙代の4万円です。
会社設立時には必須の重要書類ですが、これを作ると印紙税の対象になり、指定の金額の収入印紙を貼らないといけません。
その金額が4万円となっています。
これも必要な料金となるでしょう。
なお、収入印紙は電子定款を作れば不要になるのですが、自分で会社設立する場合、これを自分では作れないことも多いため、収入印紙代は勘定に入れておくことをおすすめします。

そして株式会社の場合のみ、公証役場での認証手数料も必要です。
これは定款を公証人に確認してもらう手続きになるのですが、これも無料ではなく、料金が必要です。
これが5万円になります。
認証してもらった定款の謄本手数料として2000円も追加でかかりますから、費用には余裕を持たせておきましょう。

会社設立にかかる料金はこのようになっていますが、これ以外にも、部分的に料金がかかることがあります。
自分で会社設立するなら、専門家に手続きを依頼する料金などはかからないのですが、その他のことで相談したときなど、無料でない場合はその相談料がかかります。
相場は、30分で5000円ほどです。
何度もこの相談サービスを利用するほど料金も増えていきますから、相談する回数や時間に応じて、料金を考えてみてください。

定款作りをサポートするサービスなどの場合、料金は無料のところも多いですから、それを使うだけなら無料です。
有料の相談などはせず、無料のサポートサービスを使った場合は、基本料金だけで会社設立できることもあります。