会社設立年収の目安

会社設立01

会社設立するときによくお悩みになっているのが、年収がどれくらいになったら法人化するのがいいのかといったことです。
これはすでに個人事業をやっている方に多いお悩みですね。
一般的に収入が多くなってくると節税の関係で法人化がおすすめされます。
会社設立年収はどれくらいがいいのか、ご紹介しましょう。

これは厳密な結果が知りたいのなら税理士に相談することが大事ですが、大まかな目安でいいのなら500万円という金額を目安にするといいでしょう。
個人事業として500万円以下の収入しかないなら会社設立するよりもそのまま個人事業として続けていた方が節税になったりします。
もし500万円を超えてくると、そろそろ会社設立も視野に入れるといいのです。

このように年収が高くなると会社設立が向いているのは、個人だと年収が高いほど税金も高くなりがちなためです。
個人事業主での税金は個人の所得税となります。
この税金は課税対象額が高いほど税率も高くなるのが特徴です。

その代わりに年収が低いと税率も低くなるため、まだあまり年収が高くないときには税金も安くなるいい仕組みとなるのですが、年収が高くなってくると税率も高くなってくるため、だんだんと損になってくるのですね。
どれくらいで会社設立した方がいいのかというと、その目安が500万円となるわけです。
これより高くなると個人では法人よりも税率が高くなることも出てきます。
その上、個人では経費にできる項目も少ないですから、そちらで節税するのも難しくなります。

そのため年収が500万円を超えたら会社設立することも視野に入れるといいのですね。
もし法人化すると税金が法人税となります。
名前だけは聞いたことがある方も多いでしょう。
法人税の税率は年収によって増減することがありません。
会社の規模などから決まる一定の税率が適用されます。
会社の年間売上が500万円を超えたときなど、個人のときに比べて節税できることが増えてくるのです。

この傾向はもっと年収が高くなるほど強まります。
年間1000万円以上の売上があるなら個人事業主よりは会社設立した方が節税になることが多いですね。

このように会社設立年収は500万円くらいがおおまかな目安となっています。
ただし、年間でかかる税金はケースごとに差も大きいため、厳密にこれを調べたいならしっかりと厳密にシミュレーションしてもらう必要があります。
そのような税金についてのシミュレーションができるのは税理士です。
会社設立年収はどれくらいか、個別に相談してみてください。

健康保険組合と協会けんぽの違いを会社設立するのなら知っておく

会社設立

健康保険法第3条や厚生年金保険法第9条などの法律によって、会社を設立した場合には社会保険に加入することが義務づけられています。
これは役員や従業員の人数には関係ありませんし、社長一人しかいない会社であっても一定以上の報酬があれば加入しなければならないのです。
もし未加入が発覚した場合には、最悪過去2年間さかのぼって保険料を徴収される可能性もあります。
ちなみに、社会保険というのは健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険の総称で、最も馴染みがあり身近な存在になるのが健康保険です。
この健康保険に加入していることによって、ケガや病気で病院に行った際に健康保険証を提出すると医療費の自己負担が3割になりますし、定期的に健康診断を受けることができます。

健康保険と言われるものには全国健康保険協会と健康保険組合の2種類があって、中小企業であれば通称協会けんぽと呼ばれる全国健康保険協会に加入するケースがほとんどです。
一方の健康保険組合というのは、企業単位か業界単位ごとに独自のグループを作って運営するもので、大手企業をはじめ大規模な事業者の場合には、独自に組合を設立してそこに従業員を加入させます。
この健康保険組合のメリットは、自主的に保険料率の設定ができる、付加給付を実施することで従業員や家族の窓口負担などが軽減できるというものがあるのです。
また、人間ドックの助成や運動奨励事業など疾病予防につながる保健事業などを自由に実施できるというのもメリットとして挙げられます。
つまり大企業は健康保険組合を作ってそこに従業員を加入させて、会社設立したばかりの中小企業などは協会けんぽに加入するといったイメージです。

そこで会社設立をするのなら健康保険組合と協会けんぽの違いを知っておくことも必要で、違いのひとつは保険料で協会けんぽは都道府県別に料率が設定されています。
一方の健康保険組合は、設立しようとしている事業所の被保険者数・被扶養者数・医療費・年齢構成・標準報酬月額・標準賞与などを考慮して健保組合が保険料率を設定できるのです。
その為、協会けんぽよりも少し安く保険料率が決められている場合が多くて、健康保険組合の方が協会けんぽよりも保険料が安いといった違いがあります。
また健康保険組合には、先にも触れましたが付加給付と呼ばれる上乗せの給付があるといった違いもあるのです。
その為、協会けんぽも健康保険組合も自己負担額は3割と変わりませんが、組合でプラスの付加給付があるので自己負担が少なくなることがあります。
会社設立に際して、このようなことも知っておくと役立ちます。

自分で会社設立するデメリット

何もかもすべての会社設立の手続きを自分でやることもできます。
実際にそうする方もいます。
専門家を頼る費用がいらなくなり、節約になることが大きなメリットです。
ただ、デメリットがないのかは気になるところですよね。
残念ながら、自分でやったからこそのデメリットといえることもあるのです。
“自分で会社設立するデメリット” の続きを読む

自分でやる会社設立と司法書士

会社設立の手続きは自分でやるとしても、部分的にわからないことがあれば、専門家に相談したいですよね。
そんなときに頼れる専門家の一人が、司法書士になります。
司法書士は会社設立のサポートをしている主な専門家の一人です。
自分で手続きするのは難しい方など、専門家にすべて代行を依頼することも多いのですが、具体的に誰にお願いするのかと言ったら、司法書士になるわけです。
こちらではすべての会社設立手続きの代行を引き受けている方も多く、司法書士に頼めば、自分で何もしなくても起業ができます。
“自分でやる会社設立と司法書士” の続きを読む

自分でやる会社設立と税理士

自分でやる会社設立では、何もかも手続きを自分でやるのはもちろん、会社設立の計画などもすべて自分でやるというイメージがありますよね。
しかし自分で会社を作った方でも、部分的に専門家の力を借りる方もいます。
たとえば税理士など、部分的に頼られることの多い専門家です。
“自分でやる会社設立と税理士” の続きを読む

一人でやる会社設立・合同会社編

基本的に一人で合同会社を設立しようと考えている方もおられますよね。
そんなときに頼れる会社設立系サービスなどあるでしょうか?
たとえばあるサービスでは、定款のテンプレートを無料配布しています。
それだけでなく、この書類に記載すべき項目について、それぞれちょっとした解説もついており、このテンプレートと解説を見ながら作成を進めていくと、自分一人でやるとしても、合同会社の定款をうまく作成できるようになっています。
“一人でやる会社設立・合同会社編” の続きを読む

一人でやる会社設立・株式会社編

できれば自分一人で株式会社を作りたいときなど、その手続きをサポートしてくれるサービスなどはあるでしょうか?
たとえば株式会社の創業を支援している、あるサービスパックなど使えますね。
これは原則として自分で会社設立する方に向けた商品で、これには定款の書式のほか、公証役場や法務局で必要になる書類のテンプレートも入っています。
“一人でやる会社設立・株式会社編” の続きを読む