自分で会社設立するなら

以前よりも会社を作るのは簡単になりましたから、会社を立ち上げてビジネスをやる方も多いです。
このとき、自分で会社設立することを考えている方も多いですよね。
この手続きは自分でもやれる手続きです。
費用をなるべく抑えたい、この手続きに興味があるなど、理由はさまざまですが、自分で会社設立したいと思うなら、基本的に自分でやってみるといいでしょう。

それがおすすめなのは、基本的に自分で手続きするときも、頼れる専門家やサービスなどもあるからです。
これらを上手に使って、自分で会社設立できます。
たとえばどんなサービスがあるでしょうか?
たとえば、あるサービスでは、無料の起業相談を受け付けています。

これから会社設立するとき、非常によく気にされるのは、設立後の事業計画です。
会社を作るからにはしっかりビジネスをやっていき、売上を得たいところだと思いますが、これには計画性が大事です。
偶然の閃きが当たる場合もありますが、それはどちらかというと稀なケースですね。
会社を作ると維持費もかかりますし、会社を畳むのも手間や費用がかかりますから、できれば成功の見込みの高い計画を作りたいところでしょう。
これは自分一人でやるよりも、専門家へ相談した方が安心です。
株式会社設立、合同会社設立など事業形態によって最善の方法を教えてくれます。
合同会社設立は株式会社より簡単なので、さらに簡単に起業可能です。)

このような相談ができるのが、このサービスです。
インターネット上から相談の連絡ができ、そのサービスを通して税理士などの専門家へと相談できます。
この相談サービス自体が会社設立を想定したものですから、これから会社を作りたいとき、作っておきたい事業計画をしっかりと作れます。
自分で手続きする場合、いざ会社設立を始めた後はこのような専門家の助言をゆっくり受けるチャンスはあまりないですから、自分で手続きを始める前に、このサービスを通して相談をしておくと安心です。

また、このような事業計画の相談については、このサービスでできる相談例の一つにすぎません。
事業計画は特に問題ないと思えば、別の相談をするのもOKです。
たとえば自分で会社設立するため、手続きの流れを聞きたいといったものでもOK。
どんな流れになるのか、このサービスから返答をもらえます。
それを参考に、起業プランを練ってみるといいでしょう。

このような相談サービスを使って会社設立の準備を終えたら、いよいよ自分で手続きをこなしていく段階に入りますね。
ここでも使えるサービスがあります。
たとえば、定款作りを支援しているあるサービスです。

定款とは、その会社についての情報を詳細に記載した書類です。
企業はいろいろな一般のお客さんや、他の企業と取引したりしますが、どんな会社なのか詳細がわからないと、信用できる相手かわかりませんよね。
そのようなとき、その会社がどんな会社なのか、いざとなれば調べられるように、定款という形で会社の情報をまとめ、それを登録しておかないといけません。
この定款はあとで作って登録しておけばいいのではなく、これを作って登録した会社が、正式に発足した会社だと認められます。
つまり会社設立のためには、これを作らないといけないのです。
これは自分でやるときも免除はされず、自分で不備のない定款を作らないといけません。

これは自分で作るときの難関となりがちですが、これをサポートするサービスがあります。
そのサービスの方でフローチャートを用意しており、各チャートの質問事項に回答していくと、定款に記載する条件が確定するようになっています。
各フローチャートの部分で、その項目の意味もかなり詳しく解説されていますから、これから作りたい会社の希望に応じて、その項目をどのように記載すべきか、よくわかるでしょう。
これら回答をまとめるシートもそのサービスの方で用意されており、それをダウンロードして記入していくと、これから作りたい会社の概要をまとめた書類ができあがります。

あとはこれを定款に仕上げるのですが、これもそのサービスの方でサポートしています。
定款のテンプレートが用意されていますから、それをダウンロードして使えるのです。
記載方法なども細かく案内がありますから、それを参考に項目を埋めていってください。
ここで埋める内容は、先にやったチェックシートの内容が使えますから、ここであまり悩む必要はありません。
このようにすると、定款の草案が簡単に出来上がります。
これで完成としてもOKですし、定款の作り方などを参考に、新しく項目を作ったり、条件を追加したりしてもOKです。
どちらにしても、このサービスを使うと定款が簡単に完成するため、自分で会社設立するための手続きもかなりスムーズに進みますよ。

このような方法も使いつつ、自分で定款を完成させられたら、あとはどうしたらいいでしょうか?
あとはそれを公証役場や法務局などへ提出する段階になります。
発起人の印鑑証明書など必要な添付書類もあるのですが、これらは各窓口まで問い合わせると教えてもらえます。
これら書類を用意して、定款と一緒に提出し、それぞれ受理してもらえると、会社設立も完了です。
このように使えるサービスを使うと、自分で会社設立するのも簡単になります。